2009年2月8日日曜日

4.鎖骨を親指の先で叩く

テレビでやってた方法です。
彼女が試したところ、すごく効くとのこと!(私の花粉症はスギなのでまだ始まっていない。)
 
鎖骨を親指の先(爪)で、上からトントン叩く。左右5分間ずつ。端から端まで。
即効性があるようです。
この近くにはリンパ節がありそれを刺激するからだと言ってました。
 
TVでやってた鎖骨を押す花粉症治療法について - 教えて!goo

 
mixiのトピでも絶賛の声が・・・

・手のひらを丸めて、爪で、鎖骨全体を上から下へ小刻みに叩いて行くだけ。
・左右で5分くらい(片側1分位しか叩かなくても大丈夫)
・花粉症の酷い人ほど痛むが、痛む場所は人によって微妙に違う。
・一日3回行う(軽い人は1、2回でも大丈夫)
・効かせるポイントは、痛さに負けずに叩くこと。

[mixi] 花粉症の会。 | 即効性がありました!!


私もテレビでみましたこれはまさにリンパマッサージの一種です。
鎖骨周辺にはリンパ節がたくさんありその周辺(リンパ節を直接刺激すると強すぎる)を刺激することによってリンパの流れが良くなります。
リンパの流れが悪く、白血球(代表がリンパ球)が正常な働きができなくなり自分を攻撃するのが花粉症など免疫疾患だと考えています。

これを開発した弁当屋の親父、、、医者だったら巨万の富を得ていますよね~

我々のリンパマッサージもそうなのですが、少しでも効果があれば、花粉症のシーズン前からやりはじめると、症状が完全に克服できますよ!

少なくとも私は克服しています。


克服できちゃうならその場しのぎじゃないなあ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿